テキトーいんぐりっしゅ

英語をのんびりテキトーに

英語学習の始め方【基礎知識】

スポンサーリンク

f:id:zx_margrave:20190524023118j:plain
こんにちは、MARQです。

 

今回は初心者編です。

英語を覚えるためにどこから始めていいか分からない方達に向けた習得方法です。

英語習得に大事なこと

f:id:zx_margrave:20190524024419p:plain



皆さんは英語で読み書きが出来るようになるためには何か大事だと思いますか?

 

発音?リスニング?

 

違います、単語です。

 

うわ、出た、単語って感じですよね?(笑)

そんなに固く考えないで下さい、「テキトーいんぐりっしゅ」ですから。

単語帳やドリルをしなくても良いんです。

 

言語の学習時期

 

あなたは日本語を覚えた年齢はいくつくらいですか?

 

平均で言うと赤ちゃんは最初の単語を話す年齢が1歳5ヶ月あたりらしいです。

そんなに前まで遡る必要があるかと言うと、実はあります。

 

英語の経験が0に等しい方が初めて英語を覚える時、その方の英語力は

英語を母国語とする外国の赤ちゃんに近しいのです、悲しいですよね。

 

しかしそれは逆も然りなので、日本語が堪能な外国人の方をしっかりと尊敬してくださいね。

より成熟した脳で覚える

さて本題、あなたは1歳くらいの時に、単語帳やドリルを読んで日本語を覚えましたか?恐ろしい天才でなければ中々可能な所業では無いかと思います(笑)

 

そうです、あなたは見たり聞いたりする事で単語を覚えていったはずです。

今、あなたはそれをやり直せるのです、しかも成熟した脳で。

 

もちろん赤子の方が吸収力は段違いかも知れません。

しかし、現在のあなたは覚える対象を定めて覚える事が出来ます。

案外ハンデではない気がしませんか?

 

英語習得方法

f:id:zx_margrave:20190524024145p:plain

それではテキトーな習得方法を教えます。

 

ズバリ、「自分の良く使う日本語を一つずつ順番に英語で覚える」です。

 

え、それだけ?

 

それだけです、ポイント(要点)は良く使う日本語です。

あまり日常会話で出てこない単語を英語で覚えても意味が無いのです。

脳にはキャパシティー(許容範囲)がありますし、

リピート(反復)する機会が多い単語の方がインプット(取り込む)する事も、

アウトプット(取り出す)する事もしやすいはずです。

 

上記であえて横文字を多く使いましたが、このように使用頻度が多い

単語を覚えてゆけばいいのです。

 

最初は自分の身の回りの「物」や「場所」からスタートしてください。

 

今この記事を読むのに使用している物、パソコン(Computer)

スマホ(Smartphone)などから始め、日常的に使うものをどんどん英語で覚えてみて下さい。財布(Wallet)鍵(Key)眼鏡(Glasses)など一つずつ覚えていれば、

今後実際に会話する際に翻訳、通訳いらずで咄嗟に単語が出てきやすくなります。

 

真面目な話、案外ルー大柴さんみたいな感じで頭で日本語と英語を織り交ぜて

考えられるようになると実は強かったりします。

 

是非とも試してみて下さいね!

 

MARQ

上記の様な情報を随時発信していますので、
興味がありましたら是非ツイッターをフォローしてください!