テキトーいんぐりっしゅ

英語をのんびりテキトーに

英語の発音を上達させる3つのコツ【留学無し】

スポンサーリンク

f:id:zx_margrave:20190519225746j:plain

こんにちは!MARQです。

今回は「英語の発音をマスターする3つのコツ」と言うテーマで書かせて頂きます。

英語の発音難しいですよね、私も一時期「発音矯正」を生業とさせて頂いていたので

発音を教える事は凄く難しい事である事は十分理解しています。

が、一応コツの様な物はあるので今回は伝授できればと思います!

いずれは筆者のMARQが自らYouTubeなので皆さんに解説できればと思います^^

日本人が苦手とする発音って?

f:id:zx_margrave:20190520002500p:plain

発音と言うものは自分の第一言語第二言語の口の使い方が違えば違うほど習得が難しくなります。

特に日本語と英語の相性は結構悪くて、苦労する方が多いのは周知の事実です。

では日本語を操る日本人はどのような発音が苦手なのでしょう?

Rの発音

Rの発音は日本人にとって鬼門と言われていますよね。

中国語などと違って、日本語は下を巻く動作をあまり行わないので必然的に難しくなります。Rの発音はLの発音と対をなす様に語られますが、今回はあえて分けます。

何故なら「テキトー」な筆者でもRとLは分ける必要があると思うほど、

個人的には舌の使い方が全然違うと思うからです。

Lの発音

Lの発音に関しては恐らく日本人の方全員が問題無く出来ると思っています。

何故なら昨今の邦楽に出てくる「ラ行」の発音は英語のLの発音になっているからです。

たとえば久保田利伸さんLA・LA・LA LOVE SONGを歌ってみて下さい。

恐らく大半の方がサビの部分で普段の会話で使う「ラ」とは違う「ラ」が出ている

と思います。

しかしこれに気が付かない方が結構多いんですよね。

さらにLの発音が厄介だと言われているのが、Rの発音との差別化が難しいからなのです。

LRが混在する言葉は非常に日本人にとって難易度が高くなります。

「Really?(リアリー?)」を発音すると詰む方が多いです。

これは恐らくLとRの発音法の切り替えが上手く脳内で出来ず、ごっちゃになってしまっているからだと思います。

自分の手同士でジャンケンをする感覚ですね、練習しないと思ったように「パー」や「グー」が出ませんよね。。。

THの発音

THの発音はLとRとあまり混在しないですが独特な立ち位置にいますよね。

「Thriller(スリラー)」なんて言葉が出てきた暁には口がおかしくなりそうですよね。

しかしTHに関しては特に日本人が最初から苦手とする発音ではないはずなのです。

なぜなら、少し滑舌が宜しくない方で「サ行」が「TH」になる方がいらっしゃいますよね。そしてそれを真似する事も出来るはずです。

有名な方で言うと「フェフ姉さん」の発音はThに限りになく近いですよね。

よってLとRの様な天敵とは違い、どちらかと言うと敵だと思ってしまうくらい性格の悪い仲間なのです(笑)。

英語の発音をマスターする3つのコツ

f:id:zx_margrave:20190520002555p:plain

それではこれから上記を含めた、難しい発音を克服するためのコツを紹介します。

是非とも一読いただき、少しでも理想の自分に近づいてみて下さい!

コツ① 自分と話す

え?と思われた方もいらっしゃると思いますが、割と本気です。

案外自分の中の羞恥心が災いして発音がマスター出来ない方も一定数います。

学校の英語の授業で真面目に英語の発音を試みると笑われたりする傾向が日本にはありますよね、では学校は捨てて自分で練習すれば良いのです。

学校などで学んだ英語をお風呂に入っている時などに、自分に向かって試せば良いのです。

実際に筆者もスピーチ前などの時は噛まない様に良く風呂場で自分に向かって英語で話しかけています。

家族からはヤバいと思われても自分の為に頑張ってみて下さい。

コツ② 邦楽の英語を楽しむ

歌を歌う事が好きではない方には少し酷かも知れませんが、

やはり発音を良くするには「音を発する」しかありません。。。

人間とは不思議なもので、音楽となると秘めた才能が開花する人がいます。

そして中には「歌っていると発音が上手い」人もいます。

大体そういう方は割と発音の才能があるけど、日常で使っていないだけかと思いますが。。。

英語の発音が上手くなるにはそう言った方々の「歌い方を真似る」のが良いです。

そうすれば発音に必要な口の動きが記憶されます。

英語の発音は英語を使っていないと鈍ります。

実際に筆者も全盛期と比べたら8割くらいの力しか出せていなく、たまに噛みます(-_-;)

では少し英語の発音を学ぶのに適しているアーティストを紹介します。

人それぞれ好きなジャンルが違うと思うので出来るだけ分けますね。

ちなみにネイティブではなく、あくまでも「努力で得た発音」の方々です。

ヒップホップ
  • SOUL'd OUT 
  • ZEEBRA
  • TARO SOUL

「SOUL'd OUT」は有名ですよね、特にこの「ALIVE」はビックリするくらい発音が良いです!

youtu.be

 

ロック

得意ジャンルなので少しマニアックですが、「Hello Sleepwalkers」「円盤飛来」は良い英語教材です!

youtu.be

J‐POP

西野カナさんは、この曲を聞いた時にもしやネイティブかと思ったくらい上手いです。

youtu.be

 

コツ③ イギリス英語で覚える

これはもはや裏技になってしまうのですが、

イギリス訛り(本来の英語)で発音を覚えるとかなり楽です。

なぜならイギリス英語にはあまりRの発音が強く出ないからです。

例えば「水」英語で言うと「Water」。

アメリカ英語で発音すると「わーるー」みたいになるのですが、

イギリス英語で発音すると「うぉーたー」なんです。

イギリス英語の発音をマスターして凄く奇麗な英語を喋っている、

日本人の方々をいっぱい海外でみました。

イギリスの映画などを良くみたり、英会話スクールでイギリス人の先生を指名するなどの工夫で発音がより楽になる可能性が高まります。

下記の記事で英会話スクールの必要性について書きましたが、目的があれば問題ありません!

www.tekito-english.com

 

最後に

いかがでしたか?

英語の発音は留学経験などが無くても上手くなる人はなります。

個人的にはいかに英語を楽しめるかだと思っています。

上記のコツを使ってアナタも発音マスター目指しましょう!

 

MARQ

上記の様な情報を随時発信していますので、
興味がありましたら是非ツイッターをフォローしてください!