テキトーいんぐりっしゅ

英語をのんびりテキトーに

英語力をキープする3つの方法【体験談】

スポンサーリンク

f:id:zx_margrave:20190629023829j:plain

こんにちは!MARQです。

私は毎日英語を使う仕事に就いていますが、英語力は全盛期からは落ちています。

 

先日下記の様なリツイートをさせて頂きました。

これは最近痛いほど感じます。でも中々勉強を始められないって言うね。

英語が伸び悩んでる状態になっている時の心境に対してのリツイートでした。

私の場合伸び悩んでいると言うよりかは衰えていっている感覚が強いです。

英語力をキープする方法は色々あると思いますが、人それぞれやりやすい方法は違います。

なのでなるべく多くの人が実践できる方法をお伝えできればと思います。

英語力はキープしないと落ちる

f:id:zx_margrave:20190520002500p:plain

皆さん、知っていましたか?

英語力はキープしないと落ちます。

えーーー!とはならないですよね(笑)当たり前です。

私も毎日毎日英語力下がっているなぁーと感じています。

しかし現代人は忙しい、また英語を勉強しなおす時間があまり無いですよね。

なのでそんな方々にどんなに忙しくても出来るキープ方法をお伝えしたいと思います。

覆せない結論

英語の習得や英語力のキープに対してのアプローチには覆せない最強の結論があります。

大体予想がつくかもしれませんが、「海外留学です」。

これだけは覚えていて頂きたいです、日本で行う勉強は全て足し算。

海外留学するだけで、足し算が掛け算に代わります。

人間は追い詰められるとその環境に適応しようと脳が頑張りますからね。

もし海外留学が出来る経済的、時間的余裕があるのであれば、行くのが最強です。

もっと言うとイギリスへの留学がおススメです。

日本人にとって聞き取りやすいし、話しやすい!一石二鳥です!

留学経験者のパターン

留学経験者は留学期間を問わず、少なからず自分としての英語力のピークの基準があります。

留学していた頃より、帰国後に英語力を上げられた方はキープの方法も熟知されているかと思います。

しかし、英語力が下がったと思う方は恐らく英語を勉強する環境を帰国後に整えられなかった可能性があります。

留学経験者の方はある一定のレベルの普遍的基礎が出来上がっているので、それを維持するか、それ以上に英語力を上げるかの二択かと思います。

いかに留学時の環境に今を近づけるがカギになってきますね。

留学未経験者のパターン

留学未経験者の場合、独自の方法で英語力を積み重ねてこられた事でしょう。

素晴らしい努力の結晶かと思います。

恐らく未経験者の皆さんの英語力が下がるタイミングは今現在続けている努力を続けられなくなった時でしょう。

しかし、圧倒的な努力量で言えば留学経験者を凌いでいるパターンが多いので、英語力のキープは常にモチベーションとの闘いになるのは言うまでもないでしょう。

英語力をキープする3つの方法

f:id:zx_margrave:20190629024657p:plain

さて、実際に英語力をキープする方法を紹介していきたいと思います。

冒頭でも書いたとおり、人それぞれ合っているキープ方法があると思います。

なので限りなく多くの人に当てはめられる方法を3つピックアップしてみました。

是非挑戦して見て下さい。

① 英語で仕事をする

これは良く言われていますよね。

英語で仕事をすると少なくとも長時間英語に触れる事が出来ますし、なにより扱っている内容を知る責任があります。

よって、嫌でも頭に英語が入ってくると言うメリットがあります。

全てでは無いですが外資系の会社は英語を使える、または読める機会が増えます。

もし英語に特別な思いがあり、キャリアの中でも使用してゆきたいのであれば外資系に転職してみるのもアリかもしれません。

特に英語を多く使う部署、例えば海外部署とのやり取りが多いお仕事などがおススメですね。

私の仕事を例に挙げると、毎日大量の英語の社内メールが届く、海外部署と毎日やり取りをする、同僚にも外国人が多いので普通に英語で話す。

などとメリットがいっぱいです。

② 自分のスケジュールをブロックする

二つ目は自分の予定を確保する事です。

毎日決まった時間に10分でも20分でも英語を勉強する時間をスケジュールに組み込むのです。

もし毎日が無理であれば平日のみ、または一日置きなど、先延ばし出来ない様に事前に決めておきます。

そうすると段々と習慣化され、勉強する事が嫌ではなくなります。

オススメなのは自分に対してプレゼンする事です。

私もたまにプレゼンの前の日などに行うのですが、風呂場などで鏡に向かって英語で話すんです。

自分に対して何か質問し、それに対して面接を受けているかのように英語で答えます。

すると面白い事に言葉に詰まったり、言いたい事がパッと出てこなかったりします。

そこを後で調べるて覚えると、自分の中に印象が残りやすいです。

自分へのプレゼンは毎日10分程度からでも始められるので、やってみて下さい!

③ 趣味に英語を盛り込む

趣味に英語を取り入れる事も非常に大事な事です。

人間は趣味に無条件で集中できます。

それに少し英語のエッセンスを入れてあげるだけで良いんです。

例に挙げると下記の様な工夫が出来ると思います。

  • 読書=洋書を読む、洋書が嫌いであれば自分の好きな本のレビューを英語で見る
  • 映画=字幕で映画を見る、映画の海外リアクション動画を見る
  • ゲーム=洋ゲーにチャレンジしてみる、海外サーバーでプレイする
  • スポーツ=好きなスポーツの海外チームの実況などを聞く
  • グルメ=英語のレシピ本を買ってみる

下記の記事でもこの事には少し触れているので是非見てみて下さい!

 

www.tekito-english.com

 英語力をキープする上での考え方

f:id:zx_margrave:20190629024845p:plain

英語力をキープする上で大切なのが考え方です。

いかに最初はやる気があっても誤った考え方を持っていると続きません。

しっかりと軸を持って英語の勉強に取り掛かりましょう。

強制力が全て

努力が必要な事に共通して言えるのが、強制力が大事だと言う点です。

決まった日の決まった時間で勉強を必ず行うという事の徹底が大事です。

継続出来ていれば頻度は関係ありません、しかし最低でも週に一回はやりましょう。

例えば毎日の通勤電車の中では必ず英語の電子書籍を読むなどの習慣が必要です。

これが一回できてしまうと本当に強くなりますので練習しましょう。

自分が出来る範囲でやる

人間にはそれぞれにキャパシティー(許容範囲)があります。

毎日3時間英語を勉強するなどの決め事を自分に課してしまうと、恐らく続きません。

続いたとしてもかなり精神的にすり減るのでお勧めしません。

自分にあった習慣を作り出し、少しでも英語力をキープしていきましょう。

 

上記の様な情報を随時発信していますので、
興味がありましたら是非ツイッターをフォローしてください!

 

MARQ