テキトーいんぐりっしゅ

英語をのんびりテキトーに

便利な英単語3選 【バイリンガルチョイス】

スポンサーリンク

f:id:zx_margrave:20190701025218j:plain

こんにちは!MARQです。

私は毎日ビジネスで英語を使っていて、いつもシンプルにコミュニケーションを纏めています。


先日この様なリツイートをさせて頂きました。

Likeは日本語の「的な」として使うのでマジでよく使う、特に西海岸育ちの人はよく使う傾向があるので私も含めて西海岸の人は幼稚なイメージが持たれる(笑)

Likeと言う言葉の便利さについてのツイートにリツイートしたものです。

私も西海岸に住んでいたので、Likeは多用します。

他の地域の人からすると西海岸の人は喋り方がいわゆる「チャラい」と言われています(笑)

そんなつもりは無いのですが、確かに他の地域に比べると語尾が伸びがちで、日本のチャラい人達の話し方に少し似てます。

西海岸の話がここまでにして、今回はLikeの様な便利な言葉を3つ選定してみました。

英語を難しく考えすぎでは無いですか?

f:id:zx_margrave:20190520002500p:plain

相手に英語で何か伝える時にはビジネスシーン以外では固くならないで大丈夫です。

あなたが普段友達と話す時はフランクに話しますよね?

もししっかりした英語で外国人の友達に話そうとしたら、友達に敬語で話しているのと一緒です。

しかしフランクに話そうにも言葉に詰まる。

そんな場合は上手く、繋ぎの言葉に逃げましょう。

実際に筆者が「昨日の出来事」を友達に話すと言ったテーマで英語の文を書いてみます。

しかも飛びっきりチャラい感じでやってみます(笑)

例文:テーマ「昨日の出来事」

Yo, let me tell you about what happened to me yesterday.

Since I was like staying up till 3AM the day before, I slept till like 12ish.

I actually had several things to do so I kinda made my own todo list for that day.

So my task was to buy new shoes, do some paperwork for my doctor's appointment, and go the the conveniece store to print out some papers that you need in order to return what I bought online.

I was actually pretty prepared for it until I realized it was raining outside.

Well, I actually went outside anyways cuz I didn't have time.

Got everthing done and I was like relieved and all but I realized that it was already past 6PM.

I felt Monday coming at me and felt suicidal.

こんな感じですかね、訳してみると下記の通りです。

ねぇ、ちょっと昨日何があったか話させて。

一昨日深夜3時頃まで起きてたから、12時らへんに起きたんだよね。

でも割とやる事あったから、実はしっかりやる事リスト作ったんだよ。

で、やる事は新しい靴を買う、病院で使う紙の記入、あとはネットで買った物の返品に使う紙を印刷しにコンビニに行くって感じかな。

結構マジで、やる気あったんだけど外が雨だったから一気に萎えたよね。

まぁ、でも実際どっちみち外出たんだけどね。

全部やり終わってスッキリしたんだけど、気付いたらもう18時過ぎてんの。

月曜がやって来る感すごくて、一気に死にたくなったよね。

文章から見えてくる便利な単語

どうでしょう少し単語が見えてきませんか?

やはり「Like」は定番として使いますし、「Actually」と「Till」なども出てきましたね。

各単語の解説

f:id:zx_margrave:20190701025852p:plain

上記で使った3つの単語は私が良く使う単語でもあるので、若干エゴは入ります。

実際他にも便利な単語はあるのですが、今回はこの3つを解説してゆきましょう。

① Like

まず一つ目は冒頭でも話した「Like」ですね。

Likeには「~の様な」「好き」などの意味がありますね。

しかし、口語で使われるLikeは日本語で言う「~的な」です。

また、説明し辛いですが、言葉に詰まった時に言う「えっと」などにも使えます。

全てを組み合わせた例文を作ると。

あのさ、猫的な動物で、えっとタヌキっぽくもあるんだけど、知ってる?あれ好きなんだよね。

 これを英語で例えると

Ey, you know that cat like animal that's like racoonish too? I like them.

3回もLikeが使えましたね!内容が不確実の時やテキトーな時に使える単語です!

② Actually

二つ目は筆者が多用する「Actually」ですね。

Actuallyには「実際には」と言ういみがあります。

しかし、口語で使われるActuallyは「ってか」や「ぶっちゃけ」や「やっぱ」です。

いかにもテキトーな人が使いそうですよね(笑)

全てを組み合わせた例文を作ると。

ってかアイツぶっちゃけ、勉強してたよね、引くわ~。でもやっぱ俺も勉強しよっかな。

 これを英語で例えると

Actually, he was actually studying, can't believe it. But actually I might wanna study too.

かなり無理やりですがここでも3回使えました!

文法的同じ単語を多用するのはアウトです!(笑)

③ Till

3つ目は「Till」です。

Tillは「~まで」と言う意味の「Until」の略です。

日本語でもそうですが、「どこまで」「いつまで」じゃ良く使いますよね。

割と汎用性の高い単語ではあるので是非使ってみて下さい。

例文を作ると。

どこまで行けば良いんだっけ?早く合流したいのに日が落ちるまでもうすぐだよ、このままじゃ深夜まで家に帰れないよ。

 これを英語で例えると

We have to go up till where? I wanted to meetup early but there no time till the sun drops, at this rate I can't get back home till midnight.

これも中々無理やり・・・

色々な意味を持つ言葉を覚えよう

この様に汎用性が高い言葉はまだまだいっぱいあるので、これからも紹介して行きたいと思います!

是非是非覚えて頂き、フランクな会話のマスターになってくださいね!

MARQ

 

上記の様な情報を随時発信していますので、
興味がありましたら是非ツイッターをフォローしてください!