テキトーいんぐりっしゅ

英語をのんびりテキトーに

TOEICの点数はそんなに大事じゃない理由【ほどほどで】

テスト
こんにちは!MARQです!

私は最近TOEICの受験をする事に決めたバイリンガルですが、今までは特にTOEICを受験する事に意味を感じてきませんでした。

 

先日下記の様なツイートをさせて頂きました。

結構TOEICの点数で人生決まる的な感覚の方がいます。
しかしTOEIC満点でも英語を使った仕事では通用するとは限りません。
過去に生徒でTOEIC800点持ちで満足に自己紹介も出来ない方もいました。
🔽マジで【生きた英語】を使いましょう🔽
私の記事でも触れてます。

 これは以前書いた下記の記事でも少し触れています。

www.tekito-english.com

少し攻撃的なツイートになってしまったのは申し訳ないです。

しかし特に日本の方はTOEICの点数をアップさせる事に躍起になっているイメージがあります。

 今回はTOEICの大事さについて少し深堀してみます。

 

TOEICについて

受験

TOEICは「Test of English for International Communication」の略です。

日本語では「国際コミュニケーション英語能力テスト

一般的に「トーイック」や「トイック」と呼ばれています。

英検と対をなす日本の中では英語テストの代表格ですね。

どういった試験か

TOEICでは大きく分けて3つの種類があります。

  • TOEIC® Listening & Reading Test
  • TOEIC® Speaking & Writing Tests
  • TOEIC® Speaking Test

上から

「聞く力・読む力」

「話す力・書く力」

「話す力」

となります。

今回のテーマは一番上の「TOEIC® Listening & Reading Test」通称「LR」です。

なぜならLRが代表格でTOEICと言えばほぼ全員がLRを指しているからです。

990点満点で900点台を取れる方は英検一級レベル、またはネイティブに近いレベルと言われます。

(正直私個人としてはそうは思いませんが・・・)

TOEICのスコアの意味

上記に書いた通り、TOEICの900点台はかなりの上級者レベルと認定されます。

上場企業でも基準を600点以上あたりに設けているケースが多いです。

例外として国際部門や外資系会社などは800点以上としているケースもあります。

ちなみに私の仕事は900点以上でした。

しかしこれはあくまでも足切りなどの目安であり、仕事が決まる直接的な理由とはなりません。

しかもTOEICはあくまでも「聞く力・読む力」のスコアです。

よっていくら満点を取ったとしても、仕事で外国人と話さなくてはいけない場面で円滑に仕事が出来る人材としては見てもらえません。

話す力は実際の採用面接で試される場合があるのでハッタリは基本通用しないです。

ちなみに英検は「聞く・読む・書く・話す」が全て証明できるので、オススメです。

TOEICスコアより大事な事

英会話

TOEICスコアも勿論上げていくに越した事はありません。

しかし英語の基礎を作り上げると言う意味であれば、別の所に注力した方が良いです。

単語力を上げよう

英語は単語力が全てと言えるくらい単語が大事です。

日本語に置き換えても、まず自分の目の前にあるものが何かを言えないと何も成立しないですよね。

とにかく自分の周りにある物や日常で良く使う言葉から先に英語で覚えてみて下さい。

単語力の上げ方は下記記事でも詳細に語っています。

 

www.tekito-english.com

会話力を上げよう

やはりビジネスシーンで大事なのは英語で「会話」が出来る事です。

会議・電話・来客対応など仕事では色々なイベントがありますが、話す事を避けては通れませんし、大事な事は大体口頭で話されたりもしますよね。

それれを英語で行うにあたってどれだけ自信があるかがカギです。

会話力を上げるにはやはり留学が一番手っ取り早いですが、頑張って外国人と話せるコミュニティーを作る事でも代用できます。

または、英語学習者で集まって日本語禁止ゲームを頻繁に行う事も推奨します。

TOEICのメリット・デメリット

点数

TOEICの有効性について色々かかせて頂きましたが、もちろん受ける意味はあります。

TOEICを受けるにあたってのメリット・デメリットを纏めてみますね。

メリット

  • 実際に様々な企業の採用基準になっている
  • 英語を勉強するきっかけになる
  • 点数で数値化が出来るので目標を立てやすい
  • 周りと話す際にTOEICの方がレベルを表現しやすい

デメリット

  • 話す・書く力の指標にはなっていない
  • 証明の有効期限がある
  • 合格する事で英語で仕事が出来るとは限らない

最後に

いかがでしたでしょうか。

TOEICは非常にコンセプトが分かり易く、良いテストだと思います。

そして実際筆者も絶対に990点満点を取れる自信が無いくらいのレベルです。

是非英語学習でどこから始めて良いか分からない方はTOEICを一度受けて自分のレベルを確かめてみるのも良いかもしれませんね!

ではでは

MARQ

上記の様な情報を随時発信していますので、
興味がありましたら是非ツイッターをフォローしてください!