テキトーいんぐりっしゅ

英語をのんびりテキトーに

英語を学習における3つの鉄則【とくかく気楽に】

ルール

みなさんこんにちは!MARQです!

 

私は英語を使って仕事をしているバイリンガルですが、英語の勉強自体は気楽にやってきました。

 

先日下記の様なツイートをさせて頂きました。

 

 

🔽英語学習においての鉄則🔽♦️真面目にやりすぎるな♦️資格は実力じゃない♦️他人のやり方は真似するな以上。

 このようにあまり気張り過ぎない方が英語の学習は進むのです。

今回はその理由について深堀りしたみたいと思います。

英語は真面目に学ぶな

遊び

人間の脳は基本的に楽しいと思う事をより取り込もうとします。

そして当たり前の様に嫌いなものは取り込みにくくなります。

そして「英語」が嫌いなものであった場合、英語の学習自体が非効率なものとなります。

下記の記事などでも記載していますが、もし英語や勉強そのものが嫌いである場合、

好きな事に少し英語を盛り込んでみるだけで良いのです。

スポーツが好きなら、海外のチーム情報を集める。

ゲームが好きなら、有名海外プレーヤーの動画を見るなど。

いくらでも英語を盛り込む術はあります。

www.tekito-english.com

逆に言うと楽しめる方法が無い場合は相当英語の習得が難しくなるでしょう。

私は小さい頃からアニメが好きだったので、英語の子供向けアニメを良く見ていました。

成人してからは、好きな作品の外国人レビュー動画などを良く見ています。

面白いくらい勉強になりますよ!

 

英語の資格は実力ではない

受験

英語の勉強をするにあたって切っても切れないのが資格です。

しかし英語学習者の中には資格に囚われすぎている方々がいます。

資格の取得に向けて勉強を続けている方々は一度自分に聞いてみてください。

「自分が目指している資格の先には何があるのか?」

もし何も見えていないのであれば恐らくその資格は必要ありません。

たとえば、入りたい会社の必須条件が「TOEIC700点以上」なのであれば、TOEIC700点以上を取らなければ話にならないので多いに勉強に励んで頂きたいです。

しかし、必須条件が「日常会話レベルの英語力」なのであれば、資格を取らなくてはならない理由はどこにもありません。

TOEICや英検の資格を取得する事が英語習得への近道であるなんて聞いたことがありません。

あくまでも英語を習得すると言う目的のみで言うのであれば、実践経験を積むのが最短ルートですので積極的に英語を使う環境を整えましょう。

資格については下記の記事でも言及していますので、併せて読んでみて下さい。

www.tekito-english.com

他人の英語学習を真似するな

カンニング

これは英語に限った事では無いとは思いますが、他人の勉強法を真似しない事が大事だと個人的には思っております。

何故ならば、人にはそれぞれ勉強が捗る方法が存在していて、必ずしも他人の方法があなたに合っているとは限らないからです。

もちろん試してみる事は大事ですので、色々なメソッドを体験し自分がやり易いようにカスタマイズしてゆけば良いのです。

もっと言ってしまえば、一番効率よく自分を追い込める方法を探すのです。

私の場合は逃げ癖があったので、徹底的に日本語を話す場所を無くされた事が一番効きました(笑)

記憶法については下記の記事でも触れているので是非ご覧ください。

www.tekito-english.com

最後に

英語を覚えるにあたっての鉄則とは書いておりますが、これはあくまでも筆者が色々と壁にぶつかり、試行錯誤を経てたどり着いた鉄則であって恐らく皆様がぶつかるであろう壁を出来るだけ薄くするための考え方です。

この鉄則通りに進まずとも英語を身に着けられる方はたくさんいますが、その方にはその方の大きな壁が待っているでしょう。

どうせ壁にぶつかるなら最短で乗り越えらえる術を身に着けると効率が良いかなと思います。

皆さんも是非自分の英語に自信が持てなくなった時などにこの鉄則を思い出して貰えると嬉しいです。

 

MARQ


上記の様な情報を随時発信していますので、
興味がありましたら是非ツイッターをフォローしてください!