テキトーいんぐりっしゅ

英語をのんびりテキトーに

外資系の社員の英語力はどのくらい?【以外と余裕】

会議
こんにちは!MARQです。

私は現役で某外資系企業で働いていて、毎日様々な業務で英語を使っています。

 

先日以下のツイートをさせて頂きました。

現状をお伝えすると一流外資系企業の社員も普通にWeblioとかアルク、そしてGoogle 翻訳を使います。そんなに気張らないで良いです。

 外資系企業に転職するにあたって、英語力が必須だと思っている方が一定数います。

そこで今回は外資系への転職に本当に英語が必要なのかを深堀しました。

外資系企業とは

外資系企業

外資系企業は基本的に海外に本社を置く企業の日本支社である場合がほとんどです。

日系企業とは違い、成果主義かつ、ワークライフバランスを重んじるケースが多いです。

退職金などが無い場合がほとんどである代わりに、給与水準が日系より高いです。

特に金融などはかなり給与が高く、新卒で年収1000万に到達する事も可能です。

英語は必要なのか

外資系企業は上記にもある通り、本社が海外にあるので上層部は大体外国人です。

よって社内メールや会議などは英語で行われるケースが多いです。

ほとんどの社員はやはり英語に強い傾向がある事は否めません。

出世すればするほど英語を使う事になるので、しっかりと準備する必要があります。

MARQの場合

私の場合はそもそも面接の時点でTOEIC900点以上相当の英語レベルが必要な仕事ですのであまり参考にはならないかも知れないですが下記の様な場面で英語を使います。

  • 外国人の同僚との会話
  • 海外チームとのやり取り
  • 社内メール
  • 上層部との会議

わりと常に英語を使っています。

しかしこれでも恐らくTOEIC900点は足切りの為の表記だったんだろうなと思うくらいそこまで英語力が無くても務まる仕事だと思います。

外資系では英語力はそこまで必要無い

翻訳

結論から言うと外資系に転職する為に突出した英語力は必要ありません。

理由としては以下の通りです。

  • 業務は基本メールで行われる
  • そもそも英語を全く使わない部署も多い
  • 英語で行われる会議などは基本的に全体向け

少なくとも、入社して直ぐに英語を使いまくる事は無いと思います。

よってある程度使われている英語に慣れる時間もあります。

具体的にどれくらいのレベルなら良い?

私からすると、外資系企業に入ってそこまで苦労しない英語力のボーダーラインは以下の通りです。

  1. 英検 2級
  2. TOEIC 550点
  3. 日常会話レベル

基本的に文法などの基礎が出来上がっていればOKです。

要するに後から調べてカバー出来るレベルですね。

外資系の社員の英語事情

辞書

 

上記でも言った通り英語力があまり重要では無い事が分かりました。

では実際どうやって外資系の社員は働いているのでしょう?

辞書サイトや翻訳ツール

ツイートにも書いてありますが、基本的に英語をあまり使わない部署の方などは常に下記のどれかがブラウザで開いてあります。

まぁ要するに調べながら仕事をしてるんですよね。

メールを丸ごと翻訳にかけたり、良い文章を書くために辞書を引いて適切な単語を引いたりを繰り返しています。

そもそも部署毎に雰囲気が違う

全く英語を使わない部署と英語を頻繁に使う部署の間には空気感の違いが発生します。

凄くパフォーマンス重視で出来るだけ残業したくない方々と、

出来るだけ残業代を稼ぐ為に仕事を引き延ばす方々。

そういった相対する部隊が混在するケースがあるのが外資系です。

大事なのは自分を知る事

外資系の面接は英語力だけを見る場所ではありません。(当たり前ですが。。)

しっかりと入社後にパフォーマンスが高い人材かを見極めなければなりません。

そこで例え英語力がそこまで高くなくても、あなたの人生で成し遂げてきた事が守ってくれます。

 

是非英検かTOEICを推奨値まで持ってゆく努力は行って頂き、現在の学校や仕事などで自分がやり遂げた事も一緒にアピールできると良いでしょう。

 

上記の様な情報を随時発信していますので、
興味がありましたら是非ツイッターをフォローしてください!